低用量ピルは安全性でしょうか、副作用に関する情報

低用量ピルは英語ではOral Contraceptives(OC)と呼ばれています。毎日決められた用量の避妊薬です。1960年にアメリカで初めて発売されました。当時はホルモン量の多い高用量ピルが使われていました。 その後ホルモン量を減らした中用量、1970年以降は低用量ピル(OC)へと改良されました。

低用量ピルの副作用として、主に吐き気・頭痛・胸の張り・不正出血が見られます。などの副作用が出るケースがあると言われています。

これは一時的にホルモンバランスが崩れて起こる現象なので、服用後1~2日に現れます。服用の回数は1回のみとなっているので、こういった症状が続くことはありません。 症状が厳しくなったり、長引く場合には病院に行き、専門医師とご相談しましょう。

強い吐き気からアイピル(i-pill)なるべく食後のアイピルの服用オススメします。それに、個人差の場合によっては不正出血もあります。もしそれより早い段階で吐いてしまった場合は、1錠を水かぬるま湯で再度飲んでください。吐き気を防ぐ方法としては、空腹時の服用は避け、食後に飲むのがおすすめです。服用してから2時間以内に吐いてしまったり、下痢になってしまった場合は、お薬も体外に排出されてしまうので、その場合は吐き気が収まるを待ってから、もう一度服用して下さい。