緊急避妊薬アフターピルって何?

緊急避妊薬アフターピルは、避妊に失敗した場合にホルモン避妊薬を服用することで、その後の妊娠を防ぐ薬です。性交後72時間後以内までにアフターピルを服用することによりほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。ここで、アフターピルの作用機序と副作用をご紹介します。

避妊薬に含まれる女性ホルモンが脳内に作用する事によって3つの作用が起こり、精子の着床を防ぎます。

・排卵を抑える

排卵を抑える事でまず精子が子宮内へ入ってきたとしても卵子と出会う機会を失わせ、着床を防ぐ事が出来ます。

・子宮内膜の増殖を抑える

子宮内膜は受精卵が着床する場所で、その部分が厚くなることを抑える事で、万一受精卵となってしまっても着床することが出来ない状態が保たれるので妊娠が成立する事を防ぎます。

・子宮頸管粘液の粘度を高める

子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮に侵入することを防ぎます。

1か月に定期的に服用する低用量ピルに対し、アフターピルは緊急時に服用し、妊娠を防ぎます。そのため女性のホルモンバランスを大きく変化させるので、ほとんどの人に副作用があります。

アフターピルの副作用

1.おう吐

ピル服用後2時間以内におう吐した場合は、薬の効果がありません。服用後2時間以内は安易に吐かないよう意識して下さい。(服用後2時間以降のおう吐は問題ないと言われています。)

2.下痢

服用後に下痢を起こしても、効果に影響はございません。

3.不正性器出血

ピル内服後、少量の性器出血が予定生理開始日より早期に認められることがあります。

4.奇形性

もしも仮に妊娠早期に、このECピルを服用されても、胎児の奇形性に影響は与えないと考えられています。

5.その他

乳房緊満・頭痛・めまい・疲労感などを感じることがありますが、いずれも重篤な副作用はありません。

アフターピルは何度も服用すると血栓症のリスクが非常に高くなるので、緊急時に限って服用することが重要で、避妊はコンドームを使用したり、ピルを服用するなどの方法で日常的に行わなければなりません。低用量ピルに関しては飲み忘れると2週間程度は効果がなくなるので、コンドームを装着してセックスをしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です