避妊具以外の避妊方法

避妊は妊娠を目的としないセックスには不可欠です。例え結婚していても、妊娠を望む時以外は避妊する必要があります。避妊法といっても、さまざまな種類があります。主体によって二つの種類があります。男性は主導で行える避妊法と女性の意志で行える避妊法があります。避妊具以外はほかの方法もよく利用しています。以下の記事は避妊具以外の方法を紹介します。もちろん、特徴や使用法もさまざまなので、自分の体やライフスタイルに合った避妊法を選びましょう。
コンドーム
コンドームは大部分の人が利用する方法です。安くて、手軽に入れますから。薄いゴムの袋をペニスにかぶせて精液が腟の中に入るのを物理的に防止する方法です。しかし、破損や脱落、装着ミスの場合が現れるかもしれません。使用するとき、注意する必要があります。男性の協力を必要があり、男性は主導で行える避妊法です。避妊率が高くないので、低用量ピルと配合使用するほうがいいです。むしろ性感染症の予防法と考えるべきですが、コンドームで予防できない性感染症もあります。

OC(低用量ピル)
卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた錠剤を飲んで排卵を抑制する方法です。これは女性の意志で避妊する方法です。錠剤(低容量ピル)を毎日一定の時間帯に飲む必要があります。避妊確率がとても高いので、愛用されています。しかし、飲みすぎると副作用に心配している人が多いです。

リズム法
月経周期や基礎体温の変化から排卵日を予測でき、その間に性行為を避ける方法です。これは女性が自分で行える自然のリズムを活用した方法と言います。月経周期の記録や、毎朝体温を正しく測る必要がありますけど、体調が悪いと基礎体温が変動することで、排卵期が見つけにくくなる場合もあります。

避妊手術
女性の避妊手術は日本ではあまり普及していませんが、海外では出産後の人などによく使われてる避妊方法です。これは手術により卵子や精子の通り道をふさぐ方法です。男性と女性にもあります。避妊効果が高いですけど、一度手術をすると特に女性の場合は将来妊娠したいけど、元に戻すことがとても難しいです。若者あるいは短期間妊娠しない人におすすめしません。

避妊する方法がさまざまですけど、重要なのは自分とパートナーの状況上で適合な方法を見つけましょう。